通信講座を初めて受講される方へ

「有名校=安心して受講できる」は、通信講座には当てはまりません。

社会保険労務士を「通信講座」で勉強しようと思っているみなさんに、最初に理解しておいてほしいことがあります。それは一般常識的な指標で、通信講座を選んではいけないということです。

家電品や化粧品を購入する時の、ごく一般的な意識で通信講座を選んでしまい、失敗している人がたくさんいます。

いきなりこんな話をすると、通信講座になにやら怪しいマイナスイメージがついてしまうかもしれません。しかし、もちろん申し上げたいのはそういうことではありません。
ただ、通信講座を提供する教育業界にはいくつかの特殊な事情があります。そのことが、内容面・コストパフォーマンスで優れた通信講座の存在を、見えにくくしているという事実があるのです。

たとえば、
●有名校だから安心して受講できる
●価格が高いから講座の質も高い
といった感覚は、普通だれでもお持ちでしょう。

しかし通信講座にかぎって言えば、上記のことと、合格できる・できないの関係はまったくありません。多くの方は、上記のような選び方をしているので挫折、もしくは運良く合格できたとしても、かなりのお金をムダにしています。

まず、通信講座の「有名校」とはどういうことでしょう?
これは、多くの人が憧れる偏差値の高い大学=名門・有名校、とはちがいます。
通信講座の「有名校」とは、CM等で有名校というイメージを植えつけられているということ。言い換えればそれだけ多くの広告費をかけて宣伝しているということです。

学校も経営あってのものですから、CM等による広告費は受講料に反映されます。
つまり、価格の高い講座=質の高い講座という一般常識も、ここでもイメージに過ぎないわけです。

「価格が高い講座は質も高い」が成り立たない事情がもうひとつあります。
それは資格の専門学校が提供する通信講座は、極端に価格を下げられない理由があるからです。

資格のスクールは、大抵が立地の良い場所に教室を構えているため、その分賃料がかかります。プラスして講師や従業員など人件費があります。
「通学講座」の受講料は、そのような費用を計算して決められます。

そして資格のスクールが提供する通信講座は、ネットで調べてみればすぐにわかりますが、概して通信講座専業の講座より受講料が高く設定されています。

もし、通信講座の受講料を通信専業社レベルに下げてしまったら、多くの受講生が通信講座に流れてしまい、本業の学校経営がなりたたなくなってしまうからです。

また資格のスクールの場合、通学する生徒を合格させるノウハウには長けていても、
通信で合格させるノウハウは、まだ通信専業社に追いついていない気がします。

しかし、誤解しないで頂きたいのは、上記で挙げた通信講座を受講してはいけない、ということではありません。

要するに表面的なイメージだけで選ばずに、講座の中身をしっかり吟味することが大事ということです。
このサイトではいくつかのお薦めサイトを管理人が客観的に分析しています。
ぜひ役立ててください。


>>いま最もオススメの通信講座は? ランキングはこちら!