資格の大原

人気の高い通信講座をセレクトして、それぞれの講座を比較してみたいと思います。
ここでは資格の専門学校の老舗、「資格の大原」の社会保険労務士講座(通信講座)を分析してみます。

<資格の大原の社会保険労務士通信講座>
大手予備校には、LEC、TAC、大原、クレアールなどの有名どころがありますが、大原の社労士通信講座が際立つところは、問題演習の充実です。
一般に資格試験の攻略は「過去問中心の勉強」が正攻法といわれていますが、そのことは出題範囲が広い社会保険労務士の試験対策でもおおよそ当てはまります。

大原の社労士講座では、過去問題集も過去11年間の問題が収録されています。また過去問とオリジナル問題で1科目平均450問という十分な問題演習の量を確保できます。

テキストについて

大原のオリジナルテキストは80%以上の本試験的中率を誇るといわれています。専任講師が最新の試験傾向を分析し、いかに効率よく学習できるか研究し尽くし、最強の内容に仕上げている感があります。
また見やすい工夫もされています。見出し毎に情報を整理しているので、重要度の判別が容易にできます。また大原も図表を多く用いて、ポイントを分かりやすく解説し視覚的な理解を促すテキスト作りを実践しています。

演習問題

他校に比べた大原の目玉はやはり、問題集の充実にあります。選択式問題としての難度を表記し、学習優先順位を明確にしています。論点を完全網羅していることはもちろん、解答ページには関連ポイントや表を収載し、「まとめ教材」としての機能も追求しています。問題演習中心の勉強の仕方が性に合っていて、問題集をテキストのように使い込みたい方には適しているといえるでしょう。

講義DVD

大原のテキストや問題集には研究され尽くされた感があり、教材は充実しています。また講師も専任講師を揃えているため、講義の内容そのものはレベルが高いです。
そしてその教室講義の収録を通信教材として提供しています。
惜しまれるのはこの一点です。
「通信講座の選び方」ですでに解説したよう、教室収録教材の見ずらさは我慢する必要があります。
とはいえ、講義のクオリティーは「優れた教材(テキスト)」が前提ですので、実力を磨く上での本質的な部分にはなんら問題はありません。
業界の老舗には、合格させる十分なノウハウがあります。

社会保険労務士通信講座 受講料

DVDコース:210,000円
Webコース:190,000円

→資格の大原の公式サイトはコチラ


>>いま最もオススメの通信講座は? ランキングはこちら!